映画をよく見るので評論してみた~Vol10.ハウルの動く城~

Vol10.ハウルの動く城

 

【作品】

ハウルの動く城

 

【解説】

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの著書「魔法使いハウルと火の悪魔」を基に、少女と魔法使いの恋をとおして、生きる楽しさや愛する歓びを描いた宮崎駿監督最新作。呪いをかけられ90歳の老婆の姿になってしまった18歳の少女ソフィーに倍賞千恵子、動く城の持ち主で魔法使いのハウル木村拓哉、そしてソフィーに魔法をかける荒地の魔女美輪明宏と豪華なキャストが声で参加。『千と千尋の神隠し』で「いつも何度でも」を歌い上げた木村弓の楽曲「世界の約束」を、映画主題歌として倍賞千恵子が歌う。

 

【あらすじ】

父親の帽子店で日々、帽子を作りつづけていた18歳のソフィーは、ある日、荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆になってしまった。ソフィーはハンサムだが弱虫な魔法使いハウルと出会い、奇妙な共同生活を始める。

 

【オススメ度】

★★★★★

 

【個人的感想】

とうとうジブリ作品を評論することになったw

この作品は日本興行収入ランキングで堂々第6位の名作だ。

声優の中にもあの木村拓哉さんがキャラクターの一人を演じることで話題にもなったのだ。もし若い子の中で”ハウルの動く城”に「木村拓哉出てんの?!」と初めて知った人は2回目の面白さを味わうことができる。

ちなみに木村さんは宮崎さんに「星にぶつかってしまった少年を演じて欲しい」と言われ「なるほど」と言ったが全く理解していなかったまま収音に望んだという。第一印象は「大人というより、少年から青年ゾーンの人だと思った。」など裏話をラジオで語っている。

個人的に好きなのは荒地の魔女を演じる美輪明宏さんと、カルシファー役の我修院達也さん。マルクル演じる神木隆之介さん。

余談だが我修院達也さんは一時期逃亡生活をし行方不明にもなったことがある私生活でも個性的な俳優で、この”ハウルの動く城”だけでなく日本の興行収入ランキング第1位の”千と千尋の神隠し”にも声優で出演しておりジブリ作品には欠かせない人である。

この人たちの癖のある声もなんとも特徴的で心地いい。

 

トーリー的な感想はというと、まずジブリ作品全体として思うこと。それはジブリ作品には10代のヒロインが数多く描かれているが、その思春期の理屈では語れない複雑な心境の変化の描き方が異常というまでに繊細で美しく表現されている。

僕個人的にはジブリの作品というのは子供の頃から見ていた作品だ。子供の頃はアニメの起承転結性として面白い作品という見方。10代の思春期にはこのヒロインはなぜこの瞬間にこんな態度や表情をするんだろうかという疑問を提供してくれたり、大人になってみると、この思春期の特有な表情や態度が繊細に描かれていると感じたり、自分の成長や少女に対しての理解に応じて、様々な見方や見解ができ、何度見ても新しい発見を提供してくれるすごい作品だ。

この”ジブリのヒロインの繊細な表情”を意識して見てこなかった人はよくそこに注目して見てみると様々な発見が垣間見れることは間違いない。

 

ハウルに限ったことでいうと18歳のソフィーが90歳の老婆に変えられるが、基本見た目や発言も完全に90代だが、10代のソフィーの感情や心境が現れると10代の見た目に変化している、心境と見た目がシンクロしている不思議で飽きを感じさせる暇がない。

 

個人的に好きな、、というか癖になるシーンはハウルの天敵サリマンのもとへソフィーと荒地の魔女と行くシーンで、階段を登る前はお互いライバル通しだったのにソフィーが階段を登り終えると自分を老婆にした魔女を心配するという心境の変化があることだ。僕はまだ、この心境の変化について、宮崎さんはどのような思いで描いたのかは理解できないが90代になって見たときには理解ができるかもしれないと思うとまだまだ見応えがある。

ちなみにだがこの階段を登り終えると少しふざけたキャラクターが出現する。宮崎駿このシーンおちょけたか??と思う。きになるかたはぜひ映画を見て欲しい。

 

見てない人の方が少ないとは思うがジブリの作品は自分の人生のどんな見方で見るかで様々な発見がある。一度見たから見ないというのはジブリ作品においてはナンセンスだ。

この記載でピンときた方は映画を見てくれ。

f:id:robokon99:20170521014825j:plain

 

カルシファー よく言うことを聞いてるね

 

f:id:robokon99:20170521014835g:plain

映画をよく見るので評論してみた~Vol8.闇金ウシジマくん~

映画をよく見るので評論してみた~Vol8.闇金ウシジマくん

 

【作品】

闇金ウシジマくん

 

【解説】

真鍋昌平による累計500万部のヒット漫画を原作にした深夜テレビドラマの劇場版。切れ者で冷酷非情、強心臓な闇金業者・丑嶋を中心に、欲望に踊らされる者たちの悲哀を、笑いとエロス、暴力といったスパイスを巧みに利かせて活写する。『鴨川ホルモー』の山田孝之が、ドラマ版に続いて主人公の丑嶋を怪演。人気アイドルグループ・AKB48大島優子と『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズの林遣都が、丑嶋とかかわりを持ったばかりに、奈落の底へ急降下する男女にふんして物語を盛り上げる。メガホンを取るのは、ドラマ版の演出などを手掛けていた山口雅俊

 

【あらすじ】

ギャンブルにハマった母親の借金を背負い、カウカウ・ファイナンスを営む丑嶋(山田孝之)の容赦ない取り立てに追われる未來(大島優子)。出会いカフェで働くようになった彼女は、簡単に稼げるのならば体を売ってもいいと考えるように。一方、イケメンダンサーを集めたイベントを企画し、彼ら目当てに集まる女性たちから金を巻き上げる純(林遣都)は、丑嶋によって資金調達の道を閉ざされたことを恨んで復讐(ふくしゅう)を決意する。

 

【オススメ度】

★★★★★

 

【個人的感想】

ウシジマくんシリーズは全てコンプリートした私が言うが、このシリーズは面白い。

なぜ累計500万もの大ヒットしているかと言うと、このシリーズはただの裏側を描いた作品ではなく、

漫画連載当時の”人間とカネ”を濃厚な取材をした上で描いていると言うことだ。最近の漫画は昔のように想像の割合が多かった時代と比べて、忠実なものはより現実味を帯び、クリエイティブなものはよりイマジネーションを爆発させものが多い。

このウシジマくんシリーズは前者で、忠実に世の中の”ヒトとカネ”を描いている。

今回の映画第一弾は少女と売春が一部盛り込まれた2012年当時の女の子が簡単に稼ぐことができた出会いカフェ。

また、大学生なのりでできたネットワーク系だ。

ウシジマくんシリーズのキモは”普通の女の子”や”普通のサラリーマン”が目先の欲に溺れ闇金のカネに溺れていく様、カネにくらんだその人たちがその後どのような心境や環境に陥るのか真鍋監督の忠実な取材の元に物語が進んでいく。

今は情報化社会となっていく中で自分が借金まみれで(特に女の人は)闇金や周りのカネにか見えていないヒトに騙されて落ちていかないためには一度観ておくことをオススメする。

上記はカネを借りる側ではあるが、貸側の丑嶋の”ヒトとカネ”とはという疑問に関しての彼の狂人な中身を垣間見れるところも見所の一つと言っていいだろう。

ちなみに登場人物のほとんどは現物の人を元に描かれいる。

f:id:robokon99:20170519005136j:plain

 

映画をよく見るので評論してみた~Vol7.ジャングル・ブック~

映画をよく見るので評論してみた~Vol7.ジャングル・ブック

 

【作品】

ジャングル・ブック

 

【解説】

ラドヤード・キプリングによる名作を実写化したアドベンチャードラマ。ジャングルで黒ヒョウとオオカミに育てられた少年が、一匹のトラとの出会いを通して壮大な冒険に身を投じる。監督は『アイアンマン』シリーズなどのジョン・ファヴロー。主演は2,000人もの候補から抜てきされた新星、ニール・セティ。ベン・キングズレービル・マーレイスカーレット・ヨハンソンなどのスターが、動物たちの声を務める。動物と自然の風景の全てを創造した最先端CGに圧倒される。

 

【あらすじ】

モーグリは、生まれて間もなくジャングルに取り残されてしまう。黒ヒョウのバギーラから母オオカミのラクシャに託された彼は、愛情に包まれながら自然の厳しさと生き抜くための知恵と術を学んでいく。やがて少年となって動物たちと幸せな日々を過ごしていたモーグリ(ニール・セティ)は、人間に恨みを抱くトラのシア・カーンと出会う。シア・カーンから人間である自分の存在が、ジャングルやそこに住む動物たちの脅威になると言われることになる。

 

【オススメ度】

★★★☆☆

 

【個人的感想】

この映画は何と言っても本当の人間とCGによる動物の演技だ。この主人公の少年はロサンゼルスの某スタジオの真っ青な背景で演技したにも関わらずきちんと演じきったニール・セティに拍手を送りたい。

トーリー的には起承転結のある子供向けの分かりやすい作品だ。狼の群で育った人間の、動物と人間の憎悪の部分を背景としたモーグリ(主人公)の人間社会への冒険話である。

途中にはクマのプーさんのようなおとぼけキャラも現れるかと思いきや、人間をも食す大蛇にも出会う緊迫した場面も演出されていて映画に飽きることなく拝見することができる。

お子さんがいるご家庭では家族で観れる作品と言って良い。

星が3つなのはストーリーがわかりやすく子供向けということだろうか。しかし、CG作品でどのように撮影されているかなどの観点を踏まえて見ると映画好きも注目すべきの作品だ。

是非みていただきたい。

f:id:robokon99:20170518002846j:plain

映画をよく見るので評論してみた~Vol7.サヨナラの代わりに~

映画をよく見るので評論してみた~Vol7.サヨナラの代わりに~

 

【作品】

サヨナラの代わりに

 

【解説】

ALS筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命わずかとなった女性と、彼女に介護人として雇われた女子大生との交流を描く感動作。性格も境遇も全く違い、接点のない生活を送っていた二人の人生が交差し、深い絆で結ばれていくさまを、オスカー女優のヒラリー・スワンクと、『オペラ座の怪人』などのエミー・ロッサムが演じる。『最後の初恋』などのジョージ・C・ウルフが監督を務め、『トランスフォーマー』シリーズなどのジョシュ・デュアメルらが共演。

 

【あらすじ】

弁護士の夫エヴァン(ジョシュ・デュアメル)と理想的な日々を暮らしていたケイト(ヒラリー・スワンク)は、35歳で難病のALSと診断される。1年半後には車椅子での生活を余儀なくされ、友人たちの前で気丈に振る舞うことに疲弊した彼女は、奔放な大学生のベック(エミー・ロッサム)を介護人として雇う。全てが正反対で反目してばかりの二人だったが、ケイトの夫の浮気を機に、遠慮のない関係になっていく。

 

【オススメ度】

★★★★☆

 

【個人的感想】

この映画はザ・日本でいうところの玉の輿的な人生を送りつつある女性の人生を描いた作品だ。

大きな家、ハイステータスな夫、お手伝いは雇えるし、ピアノも弾ける。

そんな生活に憧れる女性は日本には多いのではないかと思う。

しかし、35歳の頃から体の調子が悪くなりALS筋萎縮性側索硬化症)と診断される。

ALSは体の筋肉が萎縮し、徐々に一人で体を動かすことができなくなり、最後は人工呼吸での生活となる難病だ。

ザ・玉の輿的人生を得たが、そんな人生は幸せなのか考えさせられる。

特にこの映画の良いところとして、病気が発覚してからお手伝いとして雇う大学生ベック。

このベックは日本でいうところの渋谷にいそうなロック系の介護とは無縁の女性だ。お金に困り仕事を探しているところにひょんなことからこの主人公ケイトの介護を担当する。

ザ・玉の輿的なハイステのケイトと、毎晩飲んだくれのベックが人生の対極を描き、より人生にとっての幸せとは何かということをちらつかせる。

自分の人生でも「やりたいことを実直にやる!!」と決めているのも自分の身内を含め早くに亡くなる人が多いからだ。

自分の余命が借りに3年とすると、端的に大きな家に住みたいと思うだろうか。

僕は違うと思う。もちろん人それぞれだが、子供の頃に寝色を忘れて熱中している時が一番楽しいはずだ。あのときの感覚は大人になるとなかなかない。だからこそ実直に生きるべきなのだ。

この映画を見ることによって今の自分は全力で生きているかを考え直す良いきっかけとなる映画だ。

人生、家族、恋人、友達。マンネリ化した中で流されているかもなとふと感じたら是非見て見て欲しい。

f:id:robokon99:20170517010139j:plain

映画をよく見るので評論してみた~Vol7.サヨナラの代わりに~

映画をよく見るので評論してみた~Vol7.サヨナラの代わりに~

 

【作品】

サヨナラの代わりに

 

【解説】

ALS筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命わずかとなった女性と、彼女に介護人として雇われた女子大生との交流を描く感動作。性格も境遇も全く違い、接点のない生活を送っていた二人の人生が交差し、深い絆で結ばれていくさまを、オスカー女優のヒラリー・スワンクと、『オペラ座の怪人』などのエミー・ロッサムが演じる。『最後の初恋』などのジョージ・C・ウルフが監督を務め、『トランスフォーマー』シリーズなどのジョシュ・デュアメルらが共演。

 

【あらすじ】

弁護士の夫エヴァン(ジョシュ・デュアメル)と理想的な日々を暮らしていたケイト(ヒラリー・スワンク)は、35歳で難病のALSと診断される。1年半後には車椅子での生活を余儀なくされ、友人たちの前で気丈に振る舞うことに疲弊した彼女は、奔放な大学生のベック(エミー・ロッサム)を介護人として雇う。全てが正反対で反目してばかりの二人だったが、ケイトの夫の浮気を機に、遠慮のない関係になっていく。

 

【オススメ度】

★★★★☆

 

【個人的感想】

この映画はザ・日本でいうところの玉の輿的な人生を送りつつある女性の人生を描いた作品だ。

大きな家、ハイステータスな夫、お手伝いは雇えるし、ピアノも弾ける。

そんな生活に憧れる女性は日本には多いのではないかと思う。

しかし、35歳の頃から体の調子が悪くなりALS筋萎縮性側索硬化症)と診断される。

ALSは体の筋肉が萎縮し、徐々に一人で体を動かすことができなくなり、最後は人工呼吸での生活となる難病だ。

ザ・玉の輿的人生を得たが、そんな人生は幸せなのか考えさせられる。

特にこの映画の良いところとして、病気が発覚してからお手伝いとして雇う大学生ベック。

このベックは日本でいうところの渋谷にいそうなロック系の介護とは無縁の女性だ。お金に困り仕事を探しているところにひょんなことからこの主人公ケイトの介護を担当する。

ザ・玉の輿的なハイステのケイトと、毎晩飲んだくれのベックが人生の対極を描き、より人生にとっての幸せとは何かということをちらつかせる。

自分の人生でも「やりたいことを実直にやる!!」と決めているのも自分の身内を含め早くに亡くなる人が多いからだ。

自分の余命が借りに3年とすると、端的に大きな家に住みたいと思うだろうか。

僕は違うと思う。もちろん人それぞれだが、子供の頃に寝色を忘れて熱中している時が一番楽しいはずだ。あのときの感覚は大人になるとなかなかない。だからこそ実直に生きるべきなのだ。

この映画を見ることによって今の自分は全力で生きているかを考え直す良いきっかけとなる映画だ。

人生、家族、恋人、友達。マンネリ化した中で流されているかもなとふと感じたら是非見て見て欲しい。

f:id:robokon99:20170517010139j:plain

映画をよく見るので評論してみた~Vol6.新宿スワン~

映画をよく見るので評論してみた~Vol6.新宿スワン

 

【作品】

新宿スワン

 

【解説】

ベストセラーを誇る和久井健の漫画を実写化したドラマ。新宿の歌舞伎町を舞台に、スカウトマンの青年がさまざまな女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する姿を追う。監督は『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などの園子温。『そこのみにて光輝く』などの綾野剛、『闇金ウシジマくん』シリーズなどの山田孝之、『ヘルタースケルター』などの沢尻エリカ、『あしたのジョー』などの伊勢谷友介と豪華な面々が結集。彼らが織り成す濃密な展開に加え、園監督ならではの鮮烈なタッチにも注目。

 

【あらすじ】

一文なしだが野心だけは人一倍ある白鳥龍彦(綾野剛)は、新宿・歌舞伎町に乗り込んで一旗揚げようと決意する。ひょんなことから彼は、名の知れたスカウトマンとして数々の伝説を持つ真虎(伊勢谷友介)に誘われてスカウト会社バーストの社員に。歌舞伎町をゆく女性たちに声を掛けては、水商売、風俗、AVの仕事をあっせんし、その紹介料をつかんでいく龍彦。さまざまな人物や出来事と対峙(たいじ)しながら、彼はスカウトマンとして、一人の人間として大きく成長していく。

 

【オススメ度】

★★★★★

 

【個人的感想】

実はこの映画に出会ったのも漫画の新宿スワンから見て見たいとDVDをレンタルした。お水の世界を描いた作品はいくつかあるがスカウトマンを主役としたこの物語は給与の配分方法やスカウト会社同士の縄張り争いや、裏の世界での麻薬や大麻のやりとりなど、かなりヘビーな内容かと思いきや白鳥というちゃらんぽらんな人物と園子温という大物映画監督の仕上げ方で恋愛映画とも言えるほど爽やかさが残る良い映画になっている。

出演している俳優は皆自分の持っている味を出している。主人公白鳥の水商売に手を出す乙女に寄せる思いや成長を描いた作品は是非見ていただきたい。

新宿や渋谷でよくスカウトされる乙女はは特にスカウトマンの裏側もしっかりと見ていただければすごい熱中して見れる作品だと思う。

f:id:robokon99:20170516012333j:plain

映画をよく見るので評論してみた~Vol5.ルドルフとイッパイアッテナ~

映画をよく見るので評論してみた~Vol5.ルドルフとイッパイアッテナ

 

【作品】

ルドルフとイッパイアッテナ

 

【解説】

斉藤洋の児童文学を基に、井上真央鈴木亮平らが声優として参加した感動のアニメーション。田舎から東京に来た小さな黒猫と都会の大きなボス猫の出会いと、彼らの友情を描く。『ポケットモンスター』シリーズなどの湯山邦彦が監督を務め、脚本を『妖怪ウォッチ』シリーズなどに携ってきた加藤陽一が担当。対照的な二匹を中心に展開する物語に引き込まれる。

 

【あらすじ】

ひょんなことから最愛の飼い主とはぐれてしまった黒猫のルドルフは、偶然乗り込んだトラックに揺られて大都会東京にたどり着く。ルドルフは、その辺り一帯を仕切るボス猫のイッパイアッテナと知り合い、自分もノラ猫として生きる決意をする。

 

【オススメ度】

★★★★★

 

【個人的感想】

犬や猫を飼っている人はわかると思うが彼らにもとてつもなく感情というものがあることがわかる。

本当に人間のような感情だ。

この映画はそんな猫たちの現実ろ感情の変化を人間にもわかりやすく映像化した作品と行っても過言ではない。

平穏な家での生活から野良猫へと環境が変わってしまった心の変化や、元の家族に見切りをつけて一生懸命に独立して生きていこうと主人公のルドルフの懸命な姿が心を釘付けにする。

また最後の場面では自分の野良猫になる前の家族のところに戻る。そのときのルドルフと”イッパイアッテナ”の言葉締め方は映画作品としてとても心地のいい終わり方だ。私もペットを飼っていたことがあり、ペットの感情を振り返るいいきっかけとなった。ペットを飼っている人には是非見て欲しい作品だ。

f:id:robokon99:20170515020315j:plain