映画をよく見るので評論してみた〜Vol2.青天の霹靂〜

映画をよく見るので評論してみた~Vol2.青天の霹靂~

 

【作品】

青天の霹靂

 

【解説】

作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。涙と笑いに満ちた物語に加え、4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。

 

【あらすじ】

場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますと、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会う。

 

【オススメ度】

★★★★★

 

【個人的感想】

劇団ひとりさんってこんなに素晴らしい作品を作れるんだっと思って衝撃の作品です。

最初はコメディ色やSF色が強いのかなと思わせるのですが、次第に母(柴崎コウ)の息子に対するホンネを知ることにより晴夫は母からの愛情を知ることによる心情の変化はみるみる我々を映画の世界に引き込んでいきます。

母の愛情は息子や娘にはなかなか伝わらないものです。親子関係がマンネリ化してしまっている方には絶対に見て欲しい作品です。

私も若くして母を亡くしてしまった背景もあり涙せずには入られませんでした。

f:id:robokon99:20170512003820j:plain