映画をよく見るので評論してみた~Vol13.レミーのおいしいレストラン~

映画をよく見るので評論してみた~Vol13.レミーのおいしいレストラン~

 

【作品】

レミーのおいしいレストラン

 

【解説】

並外れた料理の才能を持ち、一流シェフになることを夢見るネズミと、料理の苦手な見習いシェフの出会いが巻き起こす奇跡を描いた感動物語。監督は、大ヒット作『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード。声の出演にはコメディアンのパットン・オズワルト、『アビエイター』のイアン・ホルムなど実力派が名を連ねる。数々の名作アニメを生み出してきたディズニーとピクサー作品ならではの、細部にまで凝ったクオリティの高い映像は必見。

 

【あらすじ】

料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。その様子を見ていたレミーは、キッチンに入り込み、見事にスープを作り直すが、その姿をリングイニに目撃される。

 

【オススメ度】

★★★★★

 

【この映画を観て思った】

この映画ではCGでのクオリティに追求している。今までCG界では食事の美味しそうな表現は難しいとされていたが本作品では全編食事シーンのためボツにされる可能性があったがやりきった。この作品がCG界に大きな拡張性をもたらしたと言っても良い。

今回はCGの質の良さがすごくて、きちんと映画に入り込めた。僕はこの作品のレミーというネズミの顔の表情や仕草が、まるでペットとして飼う以上の感情表現豊かに表現されていて好感を持てた。現実世界でネズミは人間に殺処分されるような扱いだ。この映画にもそのようなシーンが幾度となく存在する。しばらく見ているとこのレミーというのは表情豊かで、人間のような仕草(食にこだわる、口に入れるものを触る時は手を洗うなど)が散見されるので、動物を簡単に殺処分するこの世の中はいかがと感じるようになる。

トーリー概要はリングイニという若い青年がなんとか親の紹介でレストランで働くことになったが、料理もできず雑用に。ヒョンなことからレミーとリングイニが協力して料理を作り、レストランの経営を立て直していく物語だ。

 

このリングイニと同じ厨房で働く女性スタッフとの恋の物語もあり、レミーと離れ離れになった家族との物語もあり、人間と害虫扱いのネズミとの争いが次々巻き起こる、老若男女関わらず楽しめる作品と言っていい。

 

ちなみにこの映画がきっかけでレミーの絵を描きたくなってしまうほど映像が綺麗で表情豊かで感情移入してしまう。

是非見て見て欲しい。

f:id:robokon99:20170526012357j:plain

画像:公式ホームページより引用