映画をよく見るので評論してみた~Vol15.ミュータント・タートルズ~

映画をよく見るので評論してみた~Vol15.ミュータント・タートルズ

 

【作品】

ミュータント・タートルズ

 

【解説】

忍者の扮装をしたカメのヒーローたちの活躍を描き、アメコミやアニメ、映画化で人気を博した作品を、マイケル・ベイ製作で実写映画化したアクション。ニューヨークの地下道に暮らし、悪から街を守るべく戦うタートルズたちの勇姿を活写する。メガホンを取るのは、『世界戦略:ロサンゼルス決戦』『タイタンの逆襲』などのジョナサン・リーベスマン。『トランスフォーマー』シリーズなどのミーガン・フォックスや、『俺たちフィギュアスケーター』などのウィル・アーネットなどが出演する。ベイらしい迫力満点のアクションシーンが期待できる。

 

【あらすじ】

ニューヨークで悪事を働く犯罪組織フット団を追っていたテレビレポーターのエイプリル(ミーガン・フォックス)は、ある日、強盗に入ったフット団をこらしめる何者かの姿を目撃する。数日後、エイプリルは別の現場でフット団をやっつける何者かに遭遇。撮影に成功するも、そのヒーローたちの正体は人間の言葉を話し、体長180センチもあるカメだった。

 

【オススメ度】

★★★★☆

 

【個人的感想】

この映画は僕が子供の頃アニメで好きだったから「おっ!!」と思わず見た作品だ、僕と同世代でなければただのCG映画にしかすぎないかも知れない。

思いいれがなくても人間とCGタートルズが演技をすることに関して違和感なくできている。さすがアメリカ映画。しかも人気で好評のため続シリーズがどんどんリリースされている。

またエイプリル役のミーガン・フォックス。このかたは僕と同世代で二児の母だ。ミーガンはもともとこの映画のプロデューサーのマイケル・ベイと不仲であったのだが、このミーガンが子供の頃好きだったタートルズを子供たちに観せられるのならと出演をOKした。少なくとも、共同作業や好きな映画を通して仲直りや再度人間関係を再構築してくれるチャンスを与えてくれるのも映画や作品の魅力なのかも知れない。

このストーリーは最初ということもありタートルズとエイプリルの出会いやタートルズができた最初の起源も描きつつ、フット団による陰謀を阻止するためにタートルズたちがたちあがる作品だ。

僕と同世代にアニメを見たことがある方にはお勧めの作品だ。

f:id:robokon99:20170601004129j:plain

画像:公式ホームページより引用