今話題のVALUの世界についての期待値と持論

これから話す話は普通の話。当たり前の話です。

VALUについて、まずこの根本は株式市場を根元としたサービスであること。
つまり、最低限株式市場について当たり前程度の知識は有した上で「VALUについて俺は詳しいぜ!」と名乗る方は語ってくれ。

株式の際たる使い方は資本的な利用の仕方と思う。
株式を利用できる企業は上場企業と言われる企業のみで、その高い基準を満たす企業は限られている。

では上場企業のメリットとは。

例えば私(上場企業)が、自分で企画したゲームを販売したいとする。
ゲームを作るにあたり必要な予算が100万だとする。

しかし、自分の財布には資本金(お金)がない!!
そんなときに株式を利用すると自分の会社に期待を持つユーザーから、株券を購入してもらい、それを資金にしてゲームを作る。

このとき、多くの人に株券を購入してもらうと、人気があり、社会に価値を提供する信用のあるものと判断(簡易的に説明するただいぶ省略してるよ)され株の価値が上がる。

投資家はその期待されるべき企業をあらかじめリサーチして株価が上昇しきったタイミングで株券を売却するとその差分が利益となる。

そしてゲームを作りたかった私は資本金を集めることができ、ゲームをリリースしてさらに利益を得ることができ、株式会社、株主共にwinwinの関係となる。

では現状私の目線配下のVALUによる市場に対する思いは”まだまだ面白さに欠ける”という印象と”早く面白くなってよね!!”という期待がある。

現状の悲しいVALUの現実はどのようなものか。

現実だと少し名の知れた方の
VALU発行→VALU購入→VALU売却→利益得る
という流れが主流に見える。

もちろん否定するつもりは全くない。

これはVALUがある程度認知されるとこの単純的VALU効果もなくなってくるはず。
例えば、有名なAさんがVALUを発行したらたくさん売れ、VALU値が上がる。「ラッキーお小遣いゲット!」と思い。売れぶんの5000円をビットコイン上の貨幣をを円に換金(仮の話ね)して飲み会で浪費。
1ヶ月ほどしてVALUを購入した人は飽きたため、売却。
そうするとAさんの保留するビットコインは使ってしまったので-5000円となる。
そう、勘違いしてはいけないのはVALUというのはあくまで株式同様”資本金を期待されている人に一時的に預けて、高い価値にして還元する行為”をさす。
資本金をもとにより高い価値を生み出す行為がないとVALUを発行する意味がないのである。
もちろん優待もあるが、サービスは1回きりや審査があるもので永続してVALUを保留しておくには不十分なものだ。株も含め永続してVALUを手元に保留している状態は本質上はあり得ないはずだ。

では、今後注目される真っ当なVALUとは。

それは先ほど株式の例で出した「自分で企画したゲームの販売やります!!」的な資本金をもとに”面白そう””社会に価値提供できそう”な方のVALU価値が株式同様高まる社会になると思う。

私が求めているのは今まで個人ができなかった株式的システムを個人が導入し、世界を面白くするサービスや価値提供を行う世界が見たいということ。

株式投資は良い経済が活性する行為でとても良いのだが、儲け目的の株投資は”作業感”がぬぐいきれなくてつまらない。
投資をするならば儲けは出なくても良いから世界を面白くするサービスを社会に提供するような方に投資したい。

私が以前VALUの世界感がわからないと呟いたのだが、それはあくまで今の現状のVALUではなく小川社長が描くVALUの世界はいつくるのかわからないということだ。
おそらくこのサービスのリリースをした小川さん(VALU代表)は投資の利益損益の部分ではなく個人がイノベーションを起こせるような土台を作り、個人が活躍してもらうためにこのサービスをリリースしたく行っているはずだ。

これからイノベーションを起こせるような個人が現れた時にはすぐに投資をするし、クラウドファンディングやVALU共に、資本金を必要とすることがあれば自分も利用しようと思う。
そのためにも、個人の信頼を構築するために人との交流を深めたり、SNSの情報発信や情報提供をしている。

自分もまだまだ個人での挑戦できることには挑戦し新しい世界を純粋に楽しみたいなと思う今日この頃。

ぜひ、VALUの世界を楽しみましょう!!

f:id:robokon99:20170622020330p:plain